ポイント

総合病院を選ぶメリット

一口に産婦人科と言っても、総合病院・個人病院・助産院の3つに分けることができます。

総合病院を選ぶメリットは、小児科を始めとする様々な科目があることです。

万が一出産した赤ちゃんに何かあったときも迅速に対応できますし、お母さんに持病があるときも安心できるでしょう。
安心感で考えるなら、総合病院が一番です。

個人病院は、総合病院とは違い様々な特色があるのがメリットです。

入院中の食事が豪華だったりエステやマッサージなどのサービスが用意されていたりして、ラグジュアリーな雰囲気の中で出産できたりします。

雰囲気が良いとリラックス効果もあるので、陣痛が来たときにもすぐに落ち着けるでしょう。

助産院は、総合病院や個人病院に比べると少なくなっています。
しかし現在でも自然に近い出産ができるとして一定の人気があり、選ばれる機会は増えています。

出産のために通う産婦人科を選ぶときには、これらの種類による違いを理解しておかなければいけません。

一番魅力的だと感じたメリットを重視しながら、まずは種類を選ぶと良いでしょう。

種類を決めたら、次はそれぞれの条件を詳しく比較していきます。

具体的には母子が同室か別室か、分娩方法を選べるのかなどです。
また同じ分娩方法でも医療機関によって料金は異なり、例えば無痛分娩でもかなりの差があります。

そもそも希望する分娩方法を選べない場合もあるので、よく確認してから最終的な判断をして下さい。

産婦人科選びで重要なポイントとなる立地条件も、当然ながら重視したいポイントです。

立地条件

立地条件を考えるときの目安となるのは、30分以内に辿り着けるかです。

自宅から30分以内でいける範囲なら、急に陣痛に来ても対応できるとされているので目安にすると良いでしょう。

また出産のときだけではなく、普段の定期検診の通いやすさも重要です。
自宅からの通院時間はもちろん、混雑が激しく検診を受けられるまでの時間が長ければ身体には負担がかかります。

余計な負担を身体にかけないためにも、予約システムが整っているのか確認したり、混雑状況を評判から調べてみるのも良いでしょう。

産婦人科を選ぶときには、これらのポイントに気をつけると失敗しません。